入院中のリハビリテーション

西堀病院には3つの病棟(回復期リハビリテーション病棟、一般病棟、障がい者施設等一般病棟)があり、すべての病棟の患者さまに対してリハビリテーションを提供しています。

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは、命の危機を脱してもまだ医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さまに多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

西堀病院回復期病棟の特徴的な取り組み

入院直後の家屋調査
生活環境は患者さまそれぞれで異なります。リハビリ担当者が住環境を知ることで、早期から環境に則した実践的な練習が可能となります。また、病前の患者さまの生活スタイルや趣味などを知ることで、具体的な目標設定が可能となります。
病院外でのリハビリテーション
退院後も早期より自立した生活が送れるよう、スーパーでの買い物練習やバスや電車の利用練習などをリハビリ担当者と一緒に行います。
退院後訪問
退院された患者さまが退院後、その方らしい生活を過ごされているか、体の機能が低下していないかなど、退院後約1カ月後にご自宅を訪問させていただきます。
モーニングケア、イブニングケアでのリハビリテーション
朝や夜の準備(着替え、トイレ、洗顔、歯磨き、朝ごはん…など)は、看護師、ケアワーカーが中心となり、患者さまのサポートをしてきましたが、リハビリ専門職が関わることで少しでもご自分でできることをサポートし、一日も早い回復を目指します。入院中の朝・夜の支度もリハビリになります。
365日のリハビリテーション
一日も早い心身機能の回復、社会への復帰を目指し、日曜・祝日もリハビリテーションを提供しています。

これらの取り組みは全ての患者さまに必ず行うわけではなく、患者さまご本人やご家族、また、主治医、看護師などの他職種で協議の上、必要に応じで実施されます。

一般病棟のリハビリテーション

西堀病院の一般病棟では整形外科疾患の術後の方(回復期リハ病棟の対象とならない骨折や腱板損傷術後の方など)や肺炎の治療ために長期臥床を余儀なくされ日常生活動作が困難になってしまった方、心臓の病気(急性心筋梗塞や狭心症発作など)の方…様々な病気や怪我で苦しむ患者さまに対しリハビリテーションを提供し、一日も早い心身機能の回復、社会への復帰をお手伝いさせていただきます。リハビリテーションの必要性の高い患者さまには、日曜・祝日もリハビリテーションを実施します。

短期間の入院で嚥下(飲み込み)、身体機能、栄養状態などを評価し、安全に食事するためのアドバイスをする摂食嚥下機能評価入院を行っています。

障がい者施設等一般病棟のリハビリテーション

パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経難病の患者さま、脳卒中など寝たきりで意識障害のある患者さまに対して、安楽な姿勢の調整や呼吸器機能の改善などを目的にリハビリテーションを行います。

施設基準・設備

施設基準
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料
設備
設備
西堀病院は2009年10月にリハビリテーション室を増築致しました。広々とし、非常に明るい空間と充実したADL(日常生活活動)練習スペース、言語聴覚士が使用する個室4室などを完備したリハビリテーション室となっております。また、屋上では屋外歩行や応用歩行などを練習するスペースもあり、安全に安心して自宅復帰ができるようサポート致します。
リハビリテーション部門トップ